スマホ時代の販促は、コストをおさえて効果を上げる!ポイント&デジタルギフト活用術

20150605title.png

販促における環境の変化と課題

スマホシフトや企業の費用対効果への意識の高まり、個人情報意識の高まりなどを背景として販促を取り巻く環境に変化が生じる今、「はがきで応募し、当選した人に景品を配送する」 という景品などのモノを用いた従来型のキャンペーンが限界をむかえつつあります。

その理由として、従来のキャンペーンが以下のような課題を持つようになったことが挙げられます。

  • ・スマホシフトしたユーザーとの親和性が低い景品発送の物流コスト、はがきの印刷コスト、キャンペーン事務局コストなどが高くつき、企業の費用対効果意識と合わない
  • ・住所などの個人情報を伝えることに対して消極的になった消費者に合わない
  • ・消費者ニーズの多様化により、モノでの参加意欲喚起が難しい

このような課題を解決する新たなキャンペーン手法として、「デジタルギフト」の導入が近年進められています。

この「デジタルギフト」の景品利用が伸びている理由や、スマホ時代に適した販促方法をまとめた資料を紹介します。
ぜひご高覧ください。


資料の構成(目次より、一部抜粋)

  • ・販促における環境の変化と課題
  • ・今、デジタルギフトの景品利用が伸びるワケ 
  • ・一方で台頭するポイントサービス。その背景とは?
  • ・販促にポイントが有効な理由
  • ・デジタルギフトを利用して大きく効果を上げた事例



ファイルダウンロードはこちら