ポイントプログラムの最近のブログ記事

20150819warehouse.jpg

【EC/物流関連企業 マーケティング担当者向け】
こんにちは。神田です。
ネット通販は国内だけでも10兆円を超す巨大市場になりました。市場の成長に伴い、周辺市場にも影響が出てきました。8月17日の通販新聞には、ネット販売チャネルを中心に通販市場の拡大が続く中、ドライバー不足や宅配の再配達問題など物流課題の顕在化が紹介されています。

この課題に企業はどう対応していけばいいのでしょうか。自社でECを展開する企業、ECモール運営企業、宅配事業の取り組みをまとめました。

infra.jpg

本業での差別化の難しさ

【マーケティング担当者向け】

インフラビジネス。消費者は一度使い始めたサービスを継続して使い続けるため、企業は長期的な収益を見込むことができます。反面、競合との差別化が難しく、価格競争に陥りがちです。

この事業の特徴を、事例を交え紹介するとともに、付加価値提供の手段としてのポイント制度を紹介します。

弊社の運営するGポイントは開始以来のべ300社と接続しておりポイント事業者の中でも有数のポイント関連の情報が集まる企業と言えます。

今日は、以前書いた[利用用途の限られる自社ポイントを諦めず価値をあげる方法]で自社ポイントが使いにくいケースでGポイントを採用したケーススタディをお伝えします。

※以下に記載する内容はあくまで提携事実から導いた筆者所見であり、各企業からヒアリングを行ったものではありません。
20150612title.pngのサムネイル画像

こんにちは。


『健康づくりで特典をゲット 厚木市「Gポイント」始まる』というニュースを見て「あれ?こんな取組あったかな」と、驚いた神田です。
よくよく読むと、厚木市のGポイントは、『あゆコロちゃんGENKIポイント』の略でした。

さて、昨今、厚木市のように、健康づくりのためにポイントを活用する自治体が増えています。

ポイント交換への期待値、過去最高!?

gplan_booth.jpg

 展示会では、多くの方に弊社ブースへお越しいただき、誠にありがとうございました。
展示会、およびその後の情報交換を通じ、ポイント制度およびポイント交換に興味をお持ちの方が数年前と比べて格段に増えていると感じました。

ポイント制度への期待が高まる背景

ここ最近、ポイントに関する話題が新聞の一面を飾ることが多くなっていることにお気づきだと思います。

「電力小売り自由化」と「ポイント制度」

150317-denryoku.png

競争激化に対する打ち手は?

2016年に実施される電力小売り全面自由化によって、電力会社を消費者が選べる時代がやってきます。いままでは住んでいる地域によって電力を購入する先が決まっていましたが、今後は地域の垣根を越えて電力を購入することが可能になります。既存電力会社だけでなく、多様な業種から参入してくる新電力からも購入できます。

つまり、消費者は料金やサービスを比較して、電力購入先を選ぶことができるようになるのです。


gasp.png

有効期限のあるデジタルギフト

この数年でデジタルギフトコード(Amazonギフト券に代表されるシリアルコード型金券)は本当に一般化しました。
少し前まではクレジットカード利用で貯まったポイントの交換先やキャンペーン景品というと商品券、QUOカード、図書カードが一般的で、発想の手間や費用負担が悩みの種でしたが、ギフトコードのおかげでその問題が解決されました。

Wpoint.png

ユーザーはどう貯まるかよりどう使えるかを重視

多くの会社は自社で発行したポイントは自社で使ってもらいたいと考えます。
それは、90年代に多くの企業が作ったスタンプカードの発想から変わっていません。
しかしTポイントに代表される共通ポイントに慣れた消費者からすると日々利用する店やオンラインショップ以外の利用用途の限られるポイントは敬遠されてしまいます。


start.jpg

ポイント導入にもお試し期間が必要

家電量販店から学習塾まで、多種多様なサービスでポイント制度が導入されています。
いまや、会員組織を有するサービスのマーケティング担当者であれば、顧客とのエンゲージメント向上や、リテンション向上のために、ポイント制度導入を検討した経験を持つ人も多いことでしょう。